忍者ブログ

ランキング!らんきんぐ!!Ranking!!!

世の中には様々な商品があるけれど、本当に売れている商品を選別するのはとても難しいこと。当ブログでは特殊な方法で記事を作成しており、常に半永久的に現在の売れ筋人気ランキングが表示される仕様になっています。購入前に当ブログの記事をチェック!

【ランキング!らんきんぐ!!Ranking!!!】パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【ランキング!らんきんぐ!!Ranking!!!】パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

ランキング!らんきんぐ!!Ranking!!!

世の中には様々な商品があるけれど、本当に売れている商品を選別するのはとても難しいこと。当ブログでは特殊な方法で記事を作成しており、常に半永久的に現在の売れ筋人気ランキングが表示される仕様になっています。購入前に当ブログの記事をチェック!

パッヘルベルのカノン~バロック名曲集


新品価格
¥903から
(2014/12/20 13:18時点)


・・・と思わず手を合わせたくなる名曲集です。
バロックファンならお馴染みの曲も多いと思いますが、
これだけの選曲を一枚にして、これほど安価なCDは、なかなかないと思います。
オーボエ、チェンバロ、トランペット、弦楽器、何れもバランスが良くすばらしい。
どの曲も1960年代に教会で録音されたもので、慈愛あふれる演奏です。
カバーの絵は「A Concert in the Countryside 」(1758)という題名の、
Francois Hubert Drouais による油絵で、このCDにふさわしいみごとな作品です。
これを眺めながら聴く優雅なひとときは、きっと疲れも悩みも忘れさせてくれるでしょう。
 パイヤール氏の指揮によるバロック名曲集。特に、パッヘルベルの『カノン』はぜひとも聞いていただきたい今世紀最高の名演奏です。『カノン』は、弦楽器のピッチカートが聞こえてきてすぐ、「ええ? こんなにゆっくりでいいの?」と思う人が多いと思います。そしてこの曲を聴くと、今まで聞き慣れてきた『カノン』が、なんかどうでもいいように演奏しているんじゃないかと思うほど、この曲は絶品です。
 1曲目の『アダジオ』もゆっくりめのテンポです。なぜかこの曲を聴くとじわっとなってしまうんですが、特に弦楽器の強弱の音の出し方が絶妙ですね。バッハの管弦楽組曲も、変に走ることなく、堅実な演奏です。
 大げさではなく、「聴く者に失望感を与えず、これ以上ない至福のひと時を届けてくれる、最高の演奏」と自信を持っておすすめしたいと思います。
 星5個じゃ足りません!
一番のアダージョのヴァイオリンが象徴するように、全曲
通して本当に美しい。カノンやラモーのめんどりが聴けた
のが一番うれしいけど、バッハのAir,ポロネーズ、バディネリ、
コラールと本当に美しいこと。休日にお気に入りのソファに
座って、この1枚をずーっと聴いてると疲れも一気に消えますw
バロック時代を満喫できる素晴らしい名曲集を是非あなたも
どうぞ^^
上品で中庸な演奏です。この手のバロックのオムニバスとは違い有名曲ばかりを集めているわけではないのですが、そこがまた違った視点からバロック音楽の素晴らしさを満喫させてくれていいです。なかでもポロネーズ、パディネリが隠れた名曲です。
1曲目がメランコリックなアダージョではじまるから、日暮れ以降に聴きたいCD。本当に気品高い演奏で選曲もわくわくさせる。こんな素晴らしい音楽を自宅で聴ける幸せ、完璧だ。
カノンが好きな方にはお勧めの一枚。
何度もリピートで聞いていますが、飽きません。
聞きながら寝るとストレスも解消されてすっきりします。
カノン自体は非常に有名で、チェンバロの音が印象的であるが、
このカノンは現代にフィットした形で、カノンの持つ雰囲気を強調する演奏が非常に心地よい。
一度このカノンを聞いて以来、他のカノンでは物足りなくなってしまった。
このCDもわざわざこのカノンを聞くためだけに買ってしまった。
 ゆったりとしたテンポで繰り広げられる典雅な演奏。「エレガント」という言葉がよく似合うバロック名曲集ですね。
 収録された作曲家は、次の8人。
 パッヘルベル(1653-1706 ドイツ)。アルビノーニ(1671-1751 イタリア)。クラーク(1674頃-1707 イギリス)。ラモー(1683-1764 フランス)。マルチェルロ(1684頃-1750頃 イタリア)。バッハ(1685-1750 ドイツ)。ヘンデル(1685-1759 ドイツ→イギリス)。オベール(1689-1753 フランス)。
 このCDに見当たらないバロック時代の名作曲家というと、ヴィヴァルディ(1678-1741 イタリア)とテレマン(1681-1767 ドイツ)でしょうか。テレマンの『ターフェルムジーク』(食卓の音楽)から何か1、2曲、聴きたかった気もします。
 バロック音楽の庭園で、のんびりとくつろいだ気分になった一枚。
 しみじみとした温雅な味わいに目頭が熱くなったパッヘルベルの『カノン』、モーリス・アンドレのトランペット・ソロが素晴らしいバッハの『目を覚ませと呼ぶ声が聞こえ』の二曲は、なかでもよかったですねぇ。堪能させられました。
 1960年~1972年にかけての録音で、録音状態は当時としては可もなく不可もなしといった感じ。 
 カバー・ジャケットの絵は、フランソワ・ユベール・ドゥルエ(1727-1775)の『田舎での音楽会』。このバロック名曲集にふさわしい雰囲気を醸し出しています。
私はクラシックはほとんど聞かないのですが、このアルバムは当たりでした。
BGMとしてずっと流していても全く耳障りでなく、特にカノンは、どうやら録音されたのは30年以上も昔のようですが、
とてもゆるやかな調べで落ち着きます。
一つ一つの音をかみしめながら追いかけられると言うか・・・。
まったりとか、のんびりとか、そういうものをクラシックに求めている方は、このアルバムはうってつけかと思います。


パッヘルベルのカノン~バロック名曲集


新品価格
¥903から
(2014/12/20 13:18時点)

ランキング!らんきんぐ!!Ranking!!!

世の中には様々な商品があるけれど、本当に売れている商品を選別するのはとても難しいこと。当ブログでは特殊な方法で記事を作成しており、常に半永久的に現在の売れ筋人気ランキングが表示される仕様になっています。購入前に当ブログの記事をチェック!
当ブログ【ランキング!らんきんぐ!!Ranking!!!】からのおすすめ 総合 Amazon総合 楽天総合 がっつり副収入 ご案内
PR

コメント

ランキング!らんきんぐ!!Ranking!!!

ブログ内検索

リンク